スタッフブログ

木目の解剖学

エクステリア&ガーデン設計・施工の (株)ウエシンの舩村です。

 

ウエシン打合せ室リフォームが進んでおります。

壁を六甲山間伐材ヒノキで化粧しました。

 

樹木医学も人間の医学のように解剖学がもっと重要視されるべきだというお話を、樹木医関係の講習会で聞きました。

樹木医研修の際も、材木の断面を見てどのような環境で何が起きたのかを推測したり、

樹木の体が何でどのように構成されているのかを学びました。

打合せ室に新しく貼られたヒノキの板を見ていると、興味深い模様がたくさん・・・

この板を見ながら、どんな姿で六甲山に生えていたのか想像しています。

丸いぐるぐるは枝の年輪。自然が作るかわいい模様です。

PAGETOP